菓子材料としてのオブラート

菓子用オブラート

オブラートは、飲みにくい薬を飲むために使うものばかりではありません。

寒天ゼリーや羊羹などに巻くことでお菓子のペタ付きを吸収し、包装材との付着を防止するという目的でも使われています。

寒天ゼリー

羊羹

粉末オブラート

オブラートを粉状にしたものが、粉末オブラートです。

寒天ゼリーやグミの表面にまぶすことでお菓子のペタ付きを抑えるための取り粉として、また、見た目がキラキラとしていることから飾り粉として使われています。

寒天ゼリー

グミ

さらに、パンやケーキ生地の一部に混ぜることによって、しっとり感を持たせて食感を改良することに使うこともできるのです。

パンケーキ

オブラートは、薬を包むだけでなく、菓子材料として幅広く使うことができるのです!

  • コメント: 1

関連記事

  1. オブラートを使った離乳食初期レシピ

  2. 食への興味を持たせるとろみ

  3. オブラートの種類②

  4. 離乳食のとろみづけ、オブラート活用術

  5. オブラートの利用方法と歴史

  6. 離乳食のとろみの必要性

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。