『とろみの精』と寒天

羊羹やゼリーなどのお菓子を作るとき、固めるために寒天を使います。

天草という海藻からできていて、食物繊維が豊富で、主成分は炭水化物です。

カロリーもほとんどないことから、今やダイエット中の方にも喜ばれる食材となっています。

使い方は、90℃~100℃で加熱・沸騰させ、混ぜながら溶かします。そして、固めたいものに入れたあと、30℃以下(常温)で固まっていきます。

食感は、、歯切れがよく、ほろっとして、弾力性はありません。

一方、『とろみの精』は、さつまいもとじゃがいものでんぷんでできています。

『とろみの精』でゼリーや羊羹を作るとき、固めたいものを約80℃程度に温めて混ぜることによって十分に粘りを付けます。

そのあと、冷蔵庫で約2時間ほど冷やして固めます。

食感は、もっちりとした仕上がりになります。

※『とろみの精』で作るスイーツは、あくまでもオリジナルのものです。

興味のある方はこちらをどうぞ☛https://kyowa.theshop.jp

牛乳ゼリー

羊羹

 

白あんにみかんの皮を和えて作った羊羹 

  • コメント: 0

関連記事

  1. レビュー25

  2. レビュー127

  3. 特選レシピ①わらび餅(ポットのお湯から作る場合)

  4. レビュー78

  5. 介護食・嚥下食について①

  6. メディア掲載6:Bizサポート

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。