あんかけ料理

麻婆豆腐
天津飯

「とろみ」のある料理といったら、麻婆豆腐や麻婆茄子、かに玉や天津飯、酢豚に中華丼など、中華料理イコールあんかけ料理というくらいに、中華料理にとって「とろみ」付けは欠かせないものです。

もちろん、その他にも「とろみ付け」というアレンジを加えることによってさらに料理が引き立つ場合があります。

「とろみ」を付けると、

・料理が冷めにくい。

・のど越しがよく、口当たりがまろやかに。

・ツヤが出て見た目も鮮やかに。

・ボリュームup。

・味にコクが出る。

・具材のうま味や栄養を残らず食べられる。

などの利点があります。

「とろみ」を加えることで、料理の印象を大きく変えることができます!

『とろみの精』で、普段の料理にちょっとアレンジを加えるだけで調理のレパートリーが増えます。

あんかけうどん
京風玉子丼


興味のある方はこちらをどうぞ☛https://kyowa.theshop.jp
  • コメント: 0

関連記事

  1. 『とろみの精』で薬を飲む

  2. 『とろみの精』ととろみ剤(とろみ調整食品)

  3. 誤嚥性肺炎

  4. 「とろみ」の必要性

  5. 介護食・嚥下食について②

  6. オブラートは調理用粉という新しいステージへ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。