『とろみの精』使い方⑥:パン作り

パンは、時間が経過するとパサつくのは、水分が蒸発してしまうからです。

これを「でんぷんの老化」といいます。

材料の一部に『とろみの精』を加えると、パンがしっとりと仕上がり、パサつきを遅らせることができます。

『とろみの精』の主原料であるお芋のでんぷんは、粘度が高い上にでんぷんをアルファ化(糊化)しているので、しっとり感を長持ちさせることができます。

パン作りは、好みや材料、作り方によって様々なのでパンの美味しさについて一言では言えませんが、しっとりとしたパンがお好みの人にはいいかもしれません。

パン材料の一部として使用
パンケーキ

興味のある方はこちらをどうぞ☛https://kyowa.theshop.jp
  • コメント: 0

関連記事

  1. フルーツゼリー③

  2. レビュー72

  3. プレスリリース①

  4. 特選レシピ⑩抹茶水まんじゅう

  5. レビュー45

  6. レビュー12

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。