オブラートの種類④

顆粒オブラート

・顆粒オブラート

顆粒と粉末の大きな違いは、「粒の大きさ」です。顆粒は粉末に比べて表面積が大きく、粒子間に多くの空気を含むため、水に入れると崩壊しやすく、溶けやすくなります。

<特徴>

・ダマになりにくくて溶けやすい。

・温度が高くなくてもとろみ付けが可能。

・粒子が細かいので他の食材に馴染みやすい。

・とろみを付けたあと、冷やすと固まる。

<用途>

・とろみ付け

・つなぎ

・ゲル化、凝固作用

  • コメント: 0

関連記事

  1. 簡単にデコれるオブアートケーキ

  2. オブラートアートを楽しむ方法

  3. オブラートの意外な使い方!

  4. 離乳食へのとろみ付けの重要性

  5. オブラートの利用方法と歴史

  6. 顆粒オブラートで、とろみのスペシャリストに

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。