オブラートの意外な使い方①

オブラートは湿気に弱く、水に濡れると溶けてしまいます。

ただ、油には強く、溶けたり破れたりはしません。

また、オブラートは、「食べられる紙」と言われることもあります。画像は、油性ペンでオブラートに文字と絵を描いています。普通の油性ペンで描いているので食べることはできませんが、食用インクで作られたペンで描けばそのまま食べることができます。

最近ではこのようにオブラートに文字や絵を描いてご飯やパンやおかずに、さらにケーキなどのスイーツに貼ってデコレーションして、インスタ映えするなどの理由からSNSで話題となっています。

オブラートアート「「キャラ弁」

  • コメント: 0

関連記事

  1. 赤ちゃんも大喜び!顆粒オブラートでふわふわ豆腐の離乳食

  2. 乳児の食事はとろみがポイント

  3. オブラートの意外な使い方③

  4. 鮮やかなお料理を演出

  5. 話題のオブラートアートを徹底解説

  6. 顆粒オブラートという新素材

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。