でんぷんのアルファ化

でんぷんの特徴の1つとして、糊化(こか)現象があります。でんぷんそのものは水に溶けず消化しにくいのですが、これに熱湯を加えて攪拌(混ぜる)すると、糊状になり、消化吸収しやすい状態に変化します。

これをでんぷんのアルファ化(α化)と言います。

オブラートは、でんぷんをアルファ化したものをシート状にしながら乾燥させて作ります。

いわば、オブラートは、シート状のアルファでんぷんなのです。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 『とろみの精』は片栗粉とは似て非なるもの①

  2. 介護食の「とろみ」について

  3. 『とろみの精』使い方④:つなぎ役

  4. 介護食・嚥下食について①

  5. オブラートのもう一つの原料

  6. オブラートは調理用粉という新しいステージへ

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。