オブラートって何でできているの?

そもそもオブラートは何でできているのでしょうか?

それは、お芋のでんぷん。

さつまいもやじゃがいものでんぷんです。

では、どうやって作るの?

まず、さつまいもとじゃがいものでんぷんをブレンドし、約100℃の熱湯を入れて攪拌(混ぜる)して糊(のり)状にします。

次に、糊状にしたでんぷんを表面温度100℃程度のドラム型の回転式乾燥ドライヤーに流し込み、オブラートが約0.3mm程の厚さになるように調整しながら、急速に乾燥させてオブラートの原紙が出来上がります。

そして、丸く型を抜いたり、四角く裁断して完成です!

  • コメント: 0

関連記事

  1. オブラートでデコ離乳食

  2. 顆粒オブラートで、とろみのスペシャリストに

  3. あらゆる段階で役立つ離乳食のとろみ付け

  4. でん粉を主原料としたオブラートの活用について(『砂糖類・でん粉情報』10月号掲載)

  5. キャラ弁に便利!オブラートアートとは

  6. オブラートのもう一つの原料

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。