あらゆる段階で役立つ離乳食のとろみ付け

舌でつぶせる硬さの固形が食べられるようになったら!とろみで飲み込みを補助!

赤ちゃんが5~6か月になり、首がしっかりと座ったら、離乳食を開始していく合図とされており、多くのご家庭でも初めての離乳食を赤ちゃんに食べさせているかと思います。
始めは、ごっくんと飲み込めるような柔らかいおかゆ、人参やお芋などのペースト状のものから始めるので
特になにかとろみを付けなくても素材そのものをつぶしたことで適度な粘度や保形性が保たれているでしょう。俗にゴックン期などと呼ばれる離乳食の段階です。
しかし、離乳食が進み始め7~8か月ごろになると、1段階上のモグモグ期に入ります。
この時期は舌でつぶせるくらいの硬さに柔らかく煮た小さな野菜やうどん、細かいそぼろのお肉や白身魚などが食べられるようになります。
この時もまだ、赤ちゃんは飲み込みが上手ではありません。
いくら柔らかくても固形だけを飲み込むのは難しく、固形と水分を一緒に口に含むことで飲み込み易くなります。
また、このモグモグ期は舌と上顎で具材をつぶしモグモグとしながら口の中でひとまとめにする動きを学習する時期でもあります。
その際、特にまとまりにくいそぼろやホウレン草などの繊維がしっかりとした野菜などはとろみで補助することで、口の中でまとまりやすくなり、
つぶしてモグモグ⇒まとめてゴックンの口の動きを覚えてきます。

赤ちゃんは味覚に敏感!出汁や風味付けにもとろみが活躍

モグモグ期が終わり、やや大きめの具材で歯茎でつぶせるくらいの硬さの食材になる、カミカミ期になってもとろみはまだまだ活躍します。
味覚も発達してくると素材の味だけでは食が進まなかったり、特定の食材しか食べないなどという話もよく聞きます。かといって塩分・油分はなるべく控えたいというのが親心ですよね。
そこで、少量の塩分で風味づけた出汁をご飯やに野菜に餡掛け風にまとわせたり、ミルクやトマトなどで作ったスープにとろみを付けて具材と共に盛り合わせるだけでも、
旨味・風味がワンランクアップします。
具材にしみ込むほどの塩分を使わなくても、とろみで餡掛けをまとわせるだけで美味しくなるので、お子さんの食欲増進にも役立ち、身体にも優しい離乳食が作れるとっても役に立つ調理方です。

(まとめ)
とろみは飲みこみやすさを補助する役割はもちろん、口の中の食べ物をまとめてモグモグする口の中の動きの学習サポートにも、
さらには塩分控えめでも美味しさを具材にまとわせるなど、離乳食のあらゆる段階で役に立つ調理技法です。うまく活用して、食べることの楽しさをお子さんに教えてあげたいですね。

  • コメント: 0

関連記事

  1. ママも助かる離乳食へのとろみ付け

  2. 意外と知られていない粉末オブラートの活用法

  3. 誰でも簡単!オブラートアートで作るケーキ

  4. 鮮やかなお料理を演出

  5. 話題のオブラートアートを徹底解説

  6. 誤嚥を防ぐ為の料理のとろみ付けの重要性を

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。