料理のとろみ付けで誤嚥を防ぐ必要性

・誤嚥とはどのようなものなのか?

誤嚥は食事をする際にむせたり咳き込んだりすることで、食べたものが食道ではなく気管に入ってしまうために起きます。
このような現象は特に脳卒中の患者や高齢者などに多く見られ、唾液の飲み込みがうまくいかないために起きるものです。
基本的に食べ物が喉の奥に進むと脳に信号が伝わって指令で気管の入口がふさがりますが、伝わらない場合は飲み込みの反射が遅くて力が弱くなる
ために気管に入って誤嚥が起きやすくなります。
誤嚥は肺炎にもな可能性があるため食事をする際には注意する必要があり、防ぐためにすべきことを知ることこそが大事です。

・料理のとろみ付けはどのような効果があるのか

高齢者が増えると介護の需要が高くなりますが、食事を作る際にはきちんと食道に入って気管に入らないようにする必要があります。
誤嚥を防ぐ方法の1つであるとろみ付けは、とろみにより食べやすく、飲み込みやすくすることで食べ物をまとめ、
スムーズに体内に吸収されるようになるため、効果が高いです。
特にお茶や水などの液体は固形物に比べて喉に流れ込むスピードが早く、粘度を付けて防ぐことが求められます。

・とろみを付ける方法とは

介護食や家族に高齢者がいる時は誤嚥を防ぐようにしないといけないため、食事を作る際にとろみを付ける方法が手軽で行いやすいです。
最近では簡単に粘度の調整が出来、調理の手間がかからない顆粒オブラートやとろみ調整剤が注目され、ただ単に料理に溶かすだけで
使えてとても便利です。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 赤ちゃんの離乳食にはとろみを付けよう

  2. オブラートって何でできているの?

  3. オブラーの意外な使い方②

  4. 粉末オブラートでしっとりホットケーキ

  5. オブラートの種類②

  6. パンでオブラートアート

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。