いつものデザートをオブラートで

●水まんじゅう

水まんじゅうはあんを片栗粉で包んだものです。片栗粉が冷えると透明になり、中のあんが透けてみて涼しさを感じます。
この片栗粉の代わりにオブラートを活用します。
用意するものはあんとオブラート。
あんは一口大に分けて丸めます。そのあんをオブラート数枚で包み、冷水の中に投入します。すぐにオブラートが溶け始めるので、さっと水から引きあげます。
水から引きあげたときにはややべたっとしていますが、時間が経てば盛りつけられるような弾力になります。
オブラート1枚では十分な量ではないので、複数枚のオブラートを使うようにしましょう。ぷるぷる食感が好きな方はオブラートの使用枚数を多くするとなおよいです。

●オブラートでゼリードリンク

いちご味、ぶどう味、コーヒー味など味付きのオブラートもあります。
これらの味付きオブラートはゼリードリンクに活用出来ます。
ゼリー状や顆粒タイプを使用し、コップに適量のオブラートを入れて、牛乳を注ぎます。これで完成です。
甘味が欲しいときには、メープルシロップ、ガムシロップ、はちみつなどを加えるとよいでしょう。オブラートの甘さに合わせて甘味を加えて下さい。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 誤嚥予防のために飲食物にとろみを付ける

  2. オブラートってどう使う?

  3. 焼き上がりしっとり!粉末オブラートのパウンドケーキ

  4. 透明なオブラートならではのアート

  5. オブラートをつつみアートにできる

  6. 誤嚥を防止するための料理のとろみ付け

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。