オブラートアートを楽しむ方法

・好みに合わせてイラストを決めよう

最近ではオブラートにイラストを書いてご飯やパンなどに貼り、そのまま口に入れると普通に溶けるため飾り付けをするために考えると良いものです。イラストは人気のアニメなどのキャラクターをモチーフにすると興味深く、お弁当箱を開けて驚かすことが出来ます。色を付ける時は食用インクを使うと安心して作れ、オブラートにも表と裏があるため間違えないようにすることが大事です。自分でデザインをする方法はレシピを参考にすると流れが分かり、少しアレンジして世界に一つしかないものを作れるようにすると個性を出せます。デザインをするキャラクターのサイズは貼るものに合わせ見やすくなるように調整し、狭くなると細かいテクニックが必要で慎重にすることがポイントです。キャラクターの特徴をうまく引き出すコツは色の使い方や縁の太さなどが重要なポイントで、奥行きを出せるようにするとアピール出来ます。オブラートは口の中で溶けるためキャラクターをデザインして食材などに貼ると雰囲気を作れ、おかずなどと合わせて盛り付け方を工夫すると効果的です。

・楽しみながら食べれるように工夫しよう

オブラートアートは弁当以外に通常の料理でも使え、おにぎりなどの表面に貼ると楽しくなります。デザインの決め方は人それぞれですが、レシピを参考にするとどのようにすれば雰囲気を作れるか分かるため便利です。子供に弁当を作る時は友達と盛り上がってもらえるようにしたいもので、本人と話し合って好みのキャラクターを選ぶと効果があります。子供は好奇心が旺盛でどのようにすれば良いか聞いてくるもので、オブラートアートだと知ると驚く可能性が高いです。最近ではキャラクターをデザインして弁当などに飾っているものですが、オブラートアートにするとおにぎりや食材にそのまま貼れて口に入れるとなくなってしまうためゴミにならなくて済みます。デザインを決める時は目で見て楽しめるように食用インクやココアなどを使い、そのままオブラートにデザインして貼るだけのため手軽に出来て良いものです。作り方はサイトで検索するとDIYのような感じで出来るため、自分なりにアレンジするように考えると楽しめます。

まとめ

オブラートアートは食材にそのまま貼って使えることが特徴で、子供がお弁当箱を開けて驚くようにすると良いものです。デザインの決め方は人それぞれですが、オリジナルなものにすると食べることが楽しくなるため自分なりに考えると楽しくなります。

  • コメント: 0

関連記事

  1. オブラートってどう使う?

  2. ローカロリーな粉オブラートを粉砂糖の代わりに!

  3. 粘調度が上がると誤嚥をしにくくなる

  4. 気になるオブラートのカロリーとタイプ別の活用法

  5. 焼き上がりしっとり!粉末オブラートのパウンドケーキ

  6. 赤ちゃんの発達を促す離乳食へのとろみ付け

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。