出来上がったカップ麺やカップスープにひとふりして途中でアレンジを加えることも。

顆粒オブラート「とろみの精」は片栗粉ほど高い温度でなくてもとろみ付けができるため、出来上がったカップ麺やカップスープなどにひとふりして、途中でアレンジを加えることが可能です。
食べている途中で飽きてしまったり、いつもと少し違った食べ方をしたいという時に「とろみの精」をふりかけて混ぜるだけで、とろみ付けでき、オリジナルアレンジ加えることができます。
ポットのお湯で溶かすことができるので、コップ一つあれば手軽にくず湯なんかも作れます。ポットから始まる「とろみの精」のインスタントな使い方をぜひおためしください。

  • コメント: 0

関連記事

  1. でんぷんのアルファ化

  2. 『とろみの精』とゼラチン

  3. 『とろみの精』使い方②:葛湯

  4. 介護食の「とろみ」について

  5. 『とろみの精』はインスタントタイプの調理用粉

  6. 菓子材料としての『とろみの精』

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。